読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DaiGoさん やりきる ニコニコ放送 メモ

 

やりきる

live.nicovideo.jp

 

公式ノートはまだみたいなので出来て気付次第はります。


参考書籍

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~


放送見た人は真ん中くらいから読むといい


意志力よりも


一時的に意志力回復:疲れているときに頑張るとご褒美を用意


朝、昼は達成感でご褒美とする
夜、疲れているときはご褒美をあげる 目標を妨げないご褒美

習慣をつけたい場合は目標を下げる

ある程度習慣化されているものは
具体的で難易度をあげる
ほうが能力アップする

whatとwhy思考
what
 難しいこともこなせる
 行動が明確になり先延ばしが減る
 why
意義や理由を考える
 モチベーションがアップする
使い分ける

今までできなかったことに再チャレンジする場合
why思考で考える

新しいことはwhat思考で。
まずはじめにすること?

遠い未来のことを考えると
why 大きな夢など

明日などはwhat 現実と障害


whyとwhatのトレードオフ
:目の前のチャンスを逃すわけ

whyをwhatに分割しておく

悪いpositive:障害をたやすく乗り越えられる
良いpositive:障害を重く考えている人のほうが成功

エッティンゲンの長短比較
手に入るものを考え、障害についても考える


証明型(get better):能力は高いがうまくいかないとあきらめも早い。
習得型(be good):計画的で過程を楽しむ、不安に負けない。
自分の中で使い分ければよい

目的は改善を繰り返して能力を示すことではなく、得ること

手に入れたい獲得型
楽観主義 リスクとチャンスが動機 スピード

損したくない防御型
悲観主義 危険回避が動機 正確さ


簡単なことをする・特異なことをする=証明型+獲得型
やる気が出ない=why思考+損失回避の防御型
新しいことをやるとき=what思考と習得型でこつこつ
誘惑に負けそうなとき=why思考でやる気アップ+防御型で失うものを確認

思考のタイプを変える

-----

条件型目標設定の基本
 条件を決める:what&time&place
 具体的に何をするか いつ どこでやるか

if thenでまとめる
 もし~したら**する
 ~するとき**する
 音読するとよい=自然と促される
 覚えるのではなく、身につける思うのがよい

障害や誘惑対策も一緒 if thenでまとめる


達成に必要なのは能力より「努力・忍耐・計画」
イメージするのはゴールよりプロセス

 

 以上